上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本代表でもあるトヨタ自動車ヴェルブリッツの遠藤幸佑選手は、現在カンタベリー協会に来ています。私はまだ見ていないのですが…。

日本代表の遠藤選手、Air New Zealand Cup挑戦へ(日本ラグビーフットボール協会)

その遠藤選手ですが、土曜日に行われたプレシーズンマッチ、カンタベリー v サウスランドに出場した模様です。(残念ながら見に行けませんでしたので、『模様です』としました。

試合は24-14でカンタベリーの勝利だったようですが、残念ながら遠藤選手のトライなどはなかったようです。

Canty much improved as Stags beaten - Provincial rugby news - RugbyHeaven

そして、カンタベリー協会のサイトに、エアーニュージーランドカップのスコッドが発表されていたのですが、こちらには残念ながら遠藤選手の名前は見当たりませんでした…

Ten New Faces in 2008 AIr New Zealand Cup Squad - CanterburyRugby Football Union


エアニュージーランドカップ(以降、ANZC)への挑戦と言えば、大久保直弥選手のサウスランド挑戦がありました(当時はまだNPCでしたけど)。やはりサウスランド v カンタベリーのプレシーズンマッチに出場、日本でもJsportsで放送があったように記憶しています(当時はJ-Sky Sportsだったと思いますけど)。

大久保選手はサウスランドにまさに“挑戦”したわけですが、今回の遠藤選手の場合は、カンタベリー側から話があったというのを見て、別に遠藤選手どうこうというより、他から呼ばなくてもカンタベリーにもいいウィングがいるんじゃないの?というところで驚きました。

呼ばれてくるのであれば、おそらく試合にも出るんだろうし、ともかくがんばって欲しいなぁと思っていたのですが、ついに、プレシーズンマッチではりますが、先発出場となったようです。

前述の記事から遠藤選手について書かれたところを引用しますと、

There was plenty of interest in how Japanese international Kosuke Endo would fare on the wing. He was not hugely involved but seemed to read play reasonably well. He will remain with the squad for now, although Penney is likely to call in another outside back as added cover for the injured Sean Maitland.

となっています。悪くない評価という感じですが、最後の「ペニー(カンタベリーのヘッドコーチ)は、怪我のショーン・メイトランドをカバーするために他のアウトサイドバックを呼びそうだ」というのがちょっと気になりました。

で、他の情報はないかと思ってカンタベリー協会のサイトを見たのですが、試合についてのニュースはなく、そこには前述のスコッド発表のニュースがありました。しかし、この一覧の中には、遠藤選手の名前がありません。むむむ。

そこで、「スコッドに選ばれず」というタイトルにしたのですが、果たしてこれが最終スコッドで、これ以上の変更がないのかわからないので、最後に「?」をつけてみた次第です。

本当に最終スコッドには残れなかったのか?もうANZCの試合に出ることはできないのか?今後も注目して行きたいと思います。

がんばれ!遠藤選手!!

スポンサーサイト


プロフィール

nzsheep

Author:nzsheep

古の頃、SHをしていた元ラグビーマン。しかし、今は見る影もない姿になってしまいました。現在は観戦専門。ニュージーランド、クライストチャーチ在住。

AD

CATEGORIES

RUGBY SHOP

RUGBY POST

Champions

ARCHIVES

TB People RUGBY

サイト内検索

カスタム検索

COUNTER


現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。